お勉強

2020-12-31 12:06:00

お勉強②

2020年12月31日

★「数ケ月後どうなるか?どうなるか?」で

 緊急事態宣言から6ケ月経ちました。

 2020年は特に健康な1年だったという

 厚生労働省の健康報告に従います。

 (↓厚生労働省P4とP12をご覧ください。)

 参考資料2020年12月4日公開

 参考資料2020年12月21日公開

 何年さかのぼっても2020年(令2年)が健康

①どうしてこうなるのか?ことば編

   そもそも見ている数字・ことば・前提がおかしい。

 「陽性者」「従来の感染者」(簡単に)

 「陽性者」「従来の感染者」(詳しく)

 「新コロ:高齢者基礎疾患患者へ要注意」

 だが

 「インフル:高齢者基礎疾患患者若者

小児幼児へ要注意(P39へ)」

 最後の「可能性」の無症状者からの感染の

「可能性はある」には対応する

 のに、いつまで経っても検証結果を発表しないが健康な2020年だった

 という健康報告が先に発表された。

②どうしてこうなるのか?数字編

 そもそも見ている数字は少ないよ。

 「陽性者」自体も少ないから(対インフル)

 「死因数」「死者数」

 「新コロ死者」「死者増加」

 でも海外との差は?

 それはPCR検査のCt値(簡単に)しだい。

 それはPCR検査のCt値(詳しく)しだい。

 コロナ死者が海外で多いのは?

 それは死因しだい

 それはTVで見る外国であり、海外でも死者少ない国はたくさん。

 今までもいろんなことでTVで見る外国だけ騒いでたね。

  (2021年5月28日3回目の緊急事態宣言は再延長されました。

  海外はもっとやってるかもです。やってる①/やってる

 /やってる③/ やってますね④/やってもうてます⑤かもです)

   各国の人口動態を見ないと報道される

 新コロ死者数だけを見ても判断できないからです。

 少なくとも日本では2020年2月~11月

 発表され日本の新コロ死者数は少ないな

 がらも増えていましたが、同時期に、

 新コロはSARS-CoV-2(重症急性呼吸器症

 候群)でありながら日本の肺炎死者(p12)

 おろか、他の死因による死者も減っており、

 そもそも死者全体が増えてないなら死因

 を振り分けているだけに見えす。むしろ、

 死者全体が減少しており、

 従来から肺炎で亡くなられていたが原因が特

 定されていなかったウイルス性肺炎(図3)

 の原因が特定されたということではないか。

 このような数字のマジックを容易に受け入れ

 て騒いでいる人の多くはワクチン待望者だと

 思いますが、その方々は今後、「高齢者にワク

 チンを打つと、毎日バッタバッタと2000人

 から3000人亡くなってしまいます」という

 予言文章も受け入れてくれるのでしょうか?

 これは必ず当たります。なぜなら、今でも、

 10年前でも毎日高齢者がそれくらい亡く

 なっているからです。おそらく受け入れてくれ

 ないでしょう。因果関係というのはとても難しいにも関わらず。)

 相関関係≠因果関係

 コロナで亡くなったのでなく、亡くなった方が

 コロナ付着者だったら、コロナ死者数は増えて

 も死者は増えませんね。

  ③新コロナは確かにあるが、流行ってない、

 スベッてる。(対インフルや超過死亡)

 これは患者数です!→2019/1/28~2019/2/3

 (患者数<感染者<陽性者)

 インフルワクチン?薬?などと呼ばれるもの

 は確かに2019年もありましたね。。

 なぜ今、新コロワクチンや薬を求めているので

 しょうか??

 みんな言っていることは事実で正しい、でも今

 まで生きてきたリスクと比較してこれほど騒ぐ

 ことなのかが抜けてる。

 その一点だけは必ず隠されている。

 おそらく、今までウイルスや感染症や死や

 マスコミ金融を無視して

 きたのでしょう。過去からあるし、これからも

 あるし、現在は過去と比べて騒ぐような数字は

 出てきていない。

 

 ⇒次へ